禁煙に何度も挫折する前に

タバコは健康を害するだけでなく、どこもかしこも禁煙のマークが目につくようになって、喫煙家の方は肩身の狭い思いをしているのではないでしょうか。
タバコの価格も馬鹿になりませんし、やめたいけれどやめられないと苦しんでいる方も多いでしょう。
禁煙は自分との戦いといいますが、ニコチン依存症になってしまっていると自分の力だけでは抜け出せないのは当然です。
意志が弱いからやめられないというわけではないので、自分を責めないで下さいね。

ニコチン依存症は、たばこを吸った時にニコチンが脳の受容体に結合し、快感物質ドーパミンが放出され、その感覚をまた得たくてタバコを吸うのを繰り返すうちに、ドーパミンが放出されていないとイライラや禁断症状が現れることによって起こります。
これはアルコール依存症や薬物依存症と同じですので、自分ひとりで直すのはとても困難なのです。
しかし、今はチャンピックスという禁煙薬を個人輸入で手軽に入手する事ができます。

これはニコチンの代わりにニコチン受容体と結合して、少量のドーパミンを放出させる事により、タバコを吸わなくても満足感を得る事が出来るようになります。
しかも、一度ニコチン受容体と結合すると、ニコチンが結合するのを阻み、たばこを吸ってもドーパミンが放出されなくなります。
その二つの作用によって、タバコを吸いたいという気持ちを抑え、たばこを吸っても美味しいと思えなくなるため、無理なく禁煙を行う事が出来るのです。

従来の禁煙薬というと、ニコチンが含まれているものが多く、タバコをやめられたとしてもニコチン中毒から抜け出すのは困難でした。
それに比べてチャンピックスでは、ニコチンを摂取せずに禁断症状を抑えることができ、さらにタバコを不味いものと印象付ける事ができるので、禁煙成功率は40%以上だと言われています。
何も使わなかったりニコチン代替薬では4~7%程度の成功率だと言われていますから、これはかなり高いものだといえるでしょう。

チャンピックスは病院でも処方できますが、健康保険適用期間は12週間で、それで禁煙できず1年以内に治療を再開したいと思えば全額自費で治療するしかありません。
また、仕事で忙しく病院へいけない方などもいますし、そんな時はくすりエクスプレスなどの個人輸入代行サイトを利用すると良いでしょう。
このような個人輸入代行サイトでは、海外から医薬品を購入する手続きをすべて代わりにやってくれますので、手軽に安全に欲しい薬を購入する事ができます。

もちろん医師の診断書などは必要ありませんから、病院へ通う手間も診察代などもかかりません。
チャンピックスの服用方法は、最初の3日間は1日1回食後に0.5mgを服用、7日目までは1日2回朝夕の食後に0.5mgを服用、8日目から12週目までは1日2回朝夕の食後に1mgを服用します。
禁煙を始めるのは薬が効き始めてタバコを吸いたくなくなった頃からで、最低でも8日目からは禁煙し始めます。
服用方法がややこしいと感じるかもしれませんが、禁煙を成功させたいならしっかり服薬管理をして最後まで薬を飲み続けましょう。

Comments are closed.